システムトレード 裁量取引

裁量トレード・システムトレードに分かれる取引方法

トレードと一口に言っても様々なタイプのトレードがあります。売買期間で分類する場合は、短い方からスキャルピング・デイトレード・スイングトレード・ポジショントレードに分けられますし、トレード方法で分類する場合は、裁量トレード・システムトレードの二つに大きく分けられます。以下では、この裁量トレードとシステムトレードについて解説します。

 

まず裁量トレードですが、そもそも裁量とは「自分で考えて処理する」という意味で、まさにそのようなトレードを指します。事前にトレードルールを決めたとしても完全にそれに従うわけではなく、臨機応変に取引を行うスタイルです。次にシステムトレード、シストレとも呼ばれていますが、こちらは逆に自分の考えを一切入れないトレードです。どのような条件でエントリーして決済するか、一度決めたルールには100%従います。このシステムトレードは、人の手で行うよりもPCに行わせるのが基本です。いわゆる自動売買ですね。

裁量トレードとシステムトレード、利益が出やすいのはどちら?

裁量トレードとシステムトレード、一概にどちらが利益が出やすいとは言えません。FXを始めたばかりの初心者に限定するならば、優れたロジックを機械的に実行するシステムトレードの方が、簡単でかつパフォーマンスが良いと言えるかもしれません。しかし、生き物とも呼ばれる相場の前では、どんなに優れたロジックも永久に利益が出続ける保証はありません。実際、過去のパフォーマンスは優秀なのに、いざ実践してみると最終的に損をする、そんなロジックが山ほどあります。

 

一方の裁量トレードは、裁量を鍛える事の難しさもそうですが、人の感情に揺さぶられやすいトレードであるため、初心者がいきなり安定的に利益を上げる事はまずありません。しかし、長く経験を積むほど、感情のコントロールや対処法が身についてくると同時に、相場の動きにも馴染んできますので、個人差はありますが利益が上がっていきます。

システムトレードで成功するための第一歩

システムトレードで成功するためには、その欠点を補う事が重要です。システムトレードの大きな欠点といえば、既に述べた通り、過去相場における優れたロジックを手に入れたとしても、現在・未来の相場に通用するとは限らない事です。その対策は主に二つあります。

 

まず一つは、ロジックの検証です。大事な資金を守るためには、ロジックの過去検証(バックテスト)を行う事はもちろん大切ですが、それだけでは不十分です。過去検証からすぐ実運用に移るのではなく、未来検証(フォワードテスト)も行ってからの方が良いでしょう。もう一つは、ロジックを不利な相場状況で使わない、またはその相場に有効な別のロジックを使う、というような判断力を養う事です。すなわち裁量判断を鍛えるという事ですね。システムトレードも、裁量トレードに長けている方が有利に行えるのです。

裁量トレードの大敵である、人の感情

裁量トレードにもまた、大きな欠点があります。こちらも既に述べた通り、人の意思で行うトレードであるがゆえ、感情に大きく揺さぶられるという事です。利益が出たらすぐに決済してしまいたくなりますし、損失が出たら決済せずに利益に変わるのを待ちたくなります。このような感情に忠実に従ってしまいますと、当然ながら利益が上がりません。小さく勝って大きく負けるのですから。デモトレードならこうした感情の制御は容易ですが、実際に資金を動かすトレードでは難しいものです。

 

自分の感情とは逆に、利益はできるだけ引っ張って損失はすぐに確定してしまうのが良いという事になりますが、人が本来持つ感情に逆らうというのは困難な事です。この感情に対する、誰でもすぐに実行できる対策としましては、損をした場合の許容範囲を事前に決めておく事です。無計画に大枚をはたいてトレードに臨んだ場合、プラスの時は良いですが、マイナスの時に損切りする気が無くなります。運が悪ければそのまま大損です。逆に、損失の許容範囲に合った枚数でトレードに臨んだ場合は、マイナスになっても感情があまり刺激されず、損切りを行うのが容易になります。少なくとも損失は小さく限定されるわけです。

裁量でもシステムでもない、初心者が安定的に利益を上げるトレードとは?

ここまで振り返りますと、裁量とシステムどちらのトレードも一長一短。初心者の場合はどちらを選べばいいのか迷ってしまうかもしれません。であるならば、どちらも選ばないという選択もあります。なぜなら、トレードには裁量とシステムだけでなく、裁量とシステムのミックスという選択肢もあるのですから。

 

裁量トレードとシステムトレードのそれぞれの良いところを組み合わせ、FX初心者でも安定的な高いパフォーマンスを上げる独自のトレード手法、その一つが恋スキャFXです。

 

→半裁量・半システムで驚異的なパフォーマンスを実現したトレード手法・恋スキャFXを今すぐ確認