FX スイングトレード 利益

スイングトレードという取引手法

スイングトレードという取引手法は、ポジションを持ってから数日程度で取引を終わらせる短期売買の手法です。短期と言いましたが、さらに短い時間で売買を終わらせる、超短期とも言われる取引手法もあります。1日以内に終わらせる取引をデイトレード、数分や数十分で終わらせる取引をスキャルピングといいます。

スイングトレードは兼業トレーダー向けの取引の一つ

兼業トレーダーは、まさに名前が示す通り、トレードのみに全ての時間を注ぎ込む事ができません。そんな兼業トレーダーにとって、短期売買とはいえゆったりめに取引が進行するスイングトレードは適していると言えます。空いた時間に相場をチェックするだけでよいのですから。

 

スイングが兼業に適しているという事は、逆にスイングより短い取引は適さないのか?というと、必ずしもそうではありません。デイトレードはともかく、スキャルピングのような超短期取引ともなれば、こちらも少しの空き時間でパパっと済ませられますので話は変わってきます。

初心者にはメリットの多いスイングトレード

ゆったりトレードできるメリットというのは、忙しい人向けである点もそうですが、トレードの戦略を余裕を持って立てられる点にもあります。兼業トレードにはスキャルピングという選択肢もありますが、この点をも踏まえるとスイング以上の長いトレードの方が、特に初心者には有利と言えます。

 

スイングトレードのその他のメリットとしては、スプレッドの影響が小さいという点と、理不尽な値動きに翻弄されにくいという点が挙げられます。どちらもトレード初心者には有利となるメリットですね。まず前者ですが、スイングトレードの場合ですと、トレード回数が少ない上に一回の利益も大きい事から、結果そうなります。次に後者ですが、小さな視点で相場を見る超短期のトレードでは、指標発表や要人発言等による突発的な動きに振り回されやすくなります。しかし、大きな視点で相場を見るスイング以上のトレードでは、それらの動きも些細なものであるという事です。

スイングトレードのデメリット

スイングトレードには、ポジションを数日保有するがゆえのマイナスの側面もあります。まず、週をまたぐ事のリスクがあります。取引ができなくなる週末から取引が可能になる週明けの間に、相場が大きく動いてしまう事が少なからずあるからです。大きく動くというのはプラスに作用する場合もありますが、逆方向に動けば致命傷です。

 

もう一つの欠点としては、時間あたりの利益が比較的少ないトレードである、という事が言えます。一回の利益が大きいとはいえ週に数回程度の売買では、一日に何回も取引できる超短期トレードに劣ります。しかし、まだ初心者であるならば、この点については意識しなくてよいでしょう。未熟な内から超短期トレードに挑んでも、大きな利益を得るどころか損失が膨らむだけです。超短期トレードを選択肢に加えるのは、スイングや長期トレードで安定的に勝てる実力が身についてからで遅くありません。

初心者のスイングトレードに適した時間足チャートとは?

数日ポジションを保有する取引手法なわけですから、相場判断を行う事を踏まえると、1時間足〜日足のチャートを使用するのが現実的かと思います。1分足や5分足では流れの変化が速すぎますし、逆に週足や月足では変化が無さすぎます。

 

では、1時間足〜日足の中ではどれを選択するのが良いか?その前に、初心者に適したトレードスタイルについて考えますと、一つのトレンドを利益に変えるスタイルが良いかと思います。相場の流れについていくトレードは王道かつ基本ですから、ぜひとも馴染んでおきたいところです。それを踏まえた場合、トレンドを抜いていくには1時間足や4時間足のチャートが適しています。日足ですと、ローソク足で言えばせいぜい数本程度の動きでしかありませんから。

初心者でも実践可能な、スイングトレード向けの学習と勝てる手法

ここまで、スイングトレードが初心者に取り組みやすく勝ちやすいものである事を強調してきました。実際、基本的な事を学んで勝てる手法さえ知ってしまえばその通りです。では、その基本と勝てる手法をどうやって学べばいいのか?

 

以下では、FXで勝つための基本と共に、1年で資産を120倍にしたスイングトレード向けの手法を限定公開しています。このトレード手法・トレンドハンターFXは、その名の通りトレンドから大きな利益を得る手法でありながら、高い勝率を同時に実現しています。さらに、初心者にも実践できるシンプルで再現性の高い手法として開発されています。

 

→初心者でも実践可能な、1年で資産120倍・勝率8割のスイングトレード向け手法を今すぐ確認