1分足チャート スキャルピング

超短期のトレードには1分足チャート

多くのチャートソフトにおける最小のチャートはティックですが、トレードにおいてはもう少し大きなチャートを使用するのが現実的です。その中の最小と言えるのが1分足チャートです。

 

1分足チャートの形状は他の時間足と基本的に同じですが、やや動きが激しく不規則なのが特徴です。このような超短期のチャートでは、ファンダメンタルズ(経済判断の指標)はほとんど参考になりませんので、テクニカルトレードの方が向いています。

主に1分足を用いたスキャルピングトレードとは?

1分足や5分足を用いた超短期的なトレードをスキャルピングと呼びます。短時間でトレードが終わるという事は、ポジションを長く保有しないという事ですから、精神的な負担が少なくなります。また、トレード回数も多くこなせるわけですから、デイトレードやスイングトレードに比べて大きな利益が期待できます。

 

しかしその一方で、上で述べたようにチャートの値動きが荒い事と、短時間でめまぐるしくチャートの方向性が変化する事、加えてスプレッドに大きく左右される事から、比較的難易度が高いトレードであるとも言えます。上位の時間足で安定的に勝てるレベルの実力を備えていなければ、1分足でトレードすればするほど損失が膨らむ事になるでしょう。

トレンドを把握する事により、1分足の細かな動きに惑わされない

1分足チャートの値動きは他の時間足のそれと比べて激しいため、細かな騙しの動きにやられる事が多々あります。そのような動きに左右されないためにも、大きなトレンドの流れを事前に把握する事が重要です。基本的に、大きな時間足の動きの方が多くのトレーダーに見られているため、重要度は高くなります。

 

1分足チャートのトレンドを把握する方法ですが、まずトレンドラインを引くというやり方があります。大きな流れを捉えるのが目的ですから、ラインは5分足や15分足といった上位の時間足で引きます。1分足でラインを引く場合は、大きな波形を意識して引きましょう。他の方法としては、トレンド系のテクニカル指標を表示させるというやり方があります。

トレンド判断の際に推奨されるテクニカル指標(インジケーター)

トレンド系のテクニカル指標(インジケーター)を表示させる場合、代表的な物としては、移動平均線・MACD・ボリンジャーバンド・一目均衡表等が挙げられます。これらを用いて大きなトレンドの流れを把握するには、パラメーターを大きめに設定して表示させるか、5分足など上位の時間足で表示させましょう。1分足トレードでは、特に移動平均線(MA)が多くのトレーダーに好まれているようです。

 

その移動平均線でのトレンドの判断方法ですが、パラメーターを大きめに取った物を一つ表示させます。パラメーターの数値は何が適切なのか?残念ながら、それに対する解答は存在しませんので、自分自身で決めなければなりません。一般的には100MAや200MAが好まれていますので、決められなければとりあえず100か200に設定すれば良いでしょう。しかし、99MAや201MAで駄目というわけではありません。この長期MAの向きでトレンド方向を把握します。向きが横ばい、すなわちトレンド無しの場合、それはそれで攻める事もできますが、初心者であれば様子見にとどめるのが無難でしょう。

エントリータイミングを計る際に推奨されるテクニカル指標(インジケーター)

さて、チャートのトレンドを把握する事も重要ですが、それだけでは不十分です。その大きな流れの中のエントリータイミングを示すテクニカル指標が必要となります。そもそも、トレンドに乗る際にどういったエントリータイミングがベストなのか?トレンドは波を描きながら動きますので、例えば上昇トレンドにおいては、その上昇の中で一時的に下がった売られすぎのタイミングが買いエントリーの好機と言えます。

 

そのような買われすぎ・売られすぎのタイミングを教えてくれるのは、オシレーター系のテクニカル指標です。代表的なオシレーター系指標としては、RSI・ストキャスティクス・RCI・CCI等が挙げられます。オシレーター系以外では、例えば平均足も有用です。トレンド中の平均足の反転というのは、買われすぎ・売られすぎからの反転タイミングに一致するからです。

1分足で短期的に利益を抜き取るスキャルピング手法

1分足、といいますか1分足に限らず、トレンド系指標で大きな流れを把握し、オシレーター系指標でタイミングを計ってエントリーするのが基本的なトレード手法となります。ですが、いつでも短期売買を行いたいスキャルピングの場合ですと、手法はもっとシンプルであった方が良いという見方もあります。手法が複雑であるほど、エントリーチャンスは減ってしまうわけですから。また、シンプルな手法の方が初心者には適していると言えますね。

 

そのような初心者向けのシンプルな手法でありながら、8割以上の勝率で年間10000pipsを狙える1分足スキャルピング手法が、TAMURA式・1分足ロジックです。使うインジケーターは、なんとたったの一つ。単純なルールに従い、5pipsから10pipsの利益を手軽に何度も積み上げていく手法です。

 

→世界5位のトレーダーが教えるTAMURA式・1分足スキャルピング手法で、スパッと利益を抜き取る